トップ >  心臓 :: ビソプロロール (メインテート ジェネリック) 錠

ビソプロロール (メインテート ジェネリック) 錠

効能・効果:  本態性高血圧症(軽症~中等症),狭心症,心室性期外収縮
ビソプロロール (メインテート ジェネリック) 錠
同義語メインテート
有効成分ビソプロロール Bisoprolol
その他のブランド名ウェルビー錠2.5mg, ウェルビー錠5mg, ビソテート錠5, メイタット錠5, メインテート錠2.5, メインテート錠5, メイントーワ錠2.5, メイントーワ錠5, メインハーツ錠2.5, メインハーツ錠5, メインロール錠5, ルーク錠2.5, ルーク錠5, Bisocar
包装 10
形状
含有量 2.5 mg, 5 mg , 10 mg

非売品

この商品と類似のお薬

ビソプロロール (メインテート ジェネリック) 錠: 基本情報

ビソプロロールは、β遮断薬のひとつで心臓と循環(動脈・静脈の血流)に作用します。β受容体を遮断することで心臓の動きが抑えられて血圧が下がります。高血圧、狭心症、不整脈などの治療に用いられます。半減期が長く、持続性がありますので通常服用は1日1回です(それぞれのケースで異なりますので医師の指示を守って下さい)。

ビソプロロール (メインテート ジェネリック) 錠: 組成

 〔錠剤〕:1錠中2.5mg,5mg

ビソプロロール (メインテート ジェネリック) 錠: 効能・効果

 本態性高血圧症(軽症~中等症),狭心症,心室性期外収縮

ビソプロロール (メインテート ジェネリック) 錠: 用法・用量

*用法・容量はそれぞれのケースで異なります。医師の指示を守って下さい。

ビソプロロール (メインテート ジェネリック) 錠: 警告

もし糖尿病を持っている場合には血糖値を注意して検査してください。

ビソプロロール (メインテート ジェネリック) 錠: 禁忌

下記の症状を持っている場合には薬の使用は禁忌です。
心不全
心原性ショック
洞不全症候群
徐脈
低血圧
レイノー症候群、間欠跛行
重度の喘息
慢性閉塞性肺疾患(COPD)
褐色細胞腫
代謝性アシドーシス

ビソプロロール (メインテート ジェネリック) 錠: 慎重投与

下記症状を持っている場合には慎重に投与してください。
80歳以上の高齢者
腎機能低下及び肝機能低下
先天性心疾患
心臓弁膜症
心臓発作の既往歴
狭心症
喘息
慢性閉塞性肺疾患(COPD)
甲状腺機能亢進症

ビソプロロール (メインテート ジェネリック) 錠: 相互作用

ビソプロロールはインスリンやその他の抗糖尿病薬によって血糖値の低下効果を延長させる作用があります。
ビソプロロール投与中は糖尿病を持っている患者は定期的に血糖値を検査してください。
ビソプロロールはベラパミル、ニフェジピン、ジルチアゼムなどのカルシウムチャンネル遮断薬と組み合わせて使用​​されている場合は心拍数の低下、低血圧、心不全のリスクの増加があります。
ベラパミルとジルチアゼムはビソプロロールとの組み合わせで使用することは推奨されていません。
ビソプロロールは降圧薬のクロニジンと組み合わせて使用​​されている場合、クロニジンの投与中止時に血圧が反発して急上昇するリスクがあります。血圧の急上昇を避けるためにクロニジンの投与を中止する前にビソプロロールの投与を数日間止めてください。
インドメタシンのような非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)はビソプロロールの効果を低下させ、血圧を減少させる場合があります。
エルゴタミンまたはジヒドロエルゴタミンとの組み合わせで使用された場合には手足などの血液循環に支障をきたす可能性があります。

ビソプロロールは次のお薬と併用する場合には心拍数低下のリスクがあります。
ジゴキシン
アミオダロン、ジソピラミド、フレカイニド、キニジン

ビソプロロールと次の高血圧治療に使われる降圧薬と組み合わせると相乗効果が起こる可能性があります。
プラゾシンなどのα-ブロッカー
カプトプリルなどのACE阻害
ニフェジピンなどのカルシウムチャネルブロッカー
クロニジン
フロセミド、ベンドロフルメチアジドなどの利尿剤
グリセリルトリニ
アミトリプチリン、フェネルジンなどの抗うつ薬
特定の抗精神病薬
アルプロスタジル
バクロフェン
テマゼパム

ビソプロロール (メインテート ジェネリック) 錠: 副作用

【重大な副作用】
心不全、完全房室ブロック、高度徐脈、洞不全症候群

【その他副作用】
徐脈、心胸比増大、房室ブロック、低血圧、動悸、心房細動、胸痛、頭痛・頭重感、めまい、ふらつき、立ちくらみ、眠気、不眠、嘔気・嘔吐、胃部不快感、食欲不振、下痢、AST(GOT)、ALT(GPT)の上昇、ビリルビンの上昇、呼吸困難、気管支けいれん、発疹、皮膚そう痒感、霧視、涙液分泌減少、倦怠感、むくみ、脱力感、気分不快感、疲労感、四肢冷感、悪寒、しびれ感、血清脂質の上昇、尿酸の上昇、CK(CPK)の上昇

ビソプロロール (メインテート ジェネリック) 錠: 高齢者への投与

高齢者の場合、一般に過度の降圧は脳梗塞などのリスクを高めるために好ましくないとされています。また除脈など心拍数が乱れやすいのでこのような症状が合われたら減量や中止など医師のもとで必要が対処をとります。休薬する場合は急な休薬は避けてゆっくりと減量していきます。