トップ >  コレステロール , 心臓 :: エゼチミブ(ゼチーアジェネリック) 錠

エゼチミブ(ゼチーアジェネリック) 錠

効能・効果: 高コレステロール血症,家族性高コレステロール血症,ホモ接合体性シトステロール血症
エゼチミブ(ゼチーアジェネリック) 錠
同義語ゼチーア
有効成分エゼチミブ Ezetimibe
その他のブランド名ゼチーア錠10mg, Ezedoc
製造元Sun Pharma
包装 10
形状
含有量 10mg

非売品

この商品と類似のお薬

エゼチミブ(ゼチーアジェネリック) 錠: 基本情報

エゼチミブ(ゼチーア ジェネリック) 錠は小腸コレステロールトランスポーター阻害薬に分類されるコレステロール低下薬ですが同時に中性脂肪を低下させる作用も持ち合わせています。コレステロールの値が低ければ将来起こるであろう心筋梗塞などの予防になります。薬物間の相互作用が少なく脂溶性ビタミンや併用薬の吸収を阻害することはありません。

【コレステロール】
コレステロールとは、化学物質としてはステロイドに属する物質であります。一般的に「コレステロール」と呼ばれて使われる場合、コレステロールがリポタンパク質と結び付いて作る複合体である血中コレステロールのことを指します。つまり、血中コレステロール純粋なコレステロール分子のみではありません。コレステロールが結びつくリポタンパク質の違いにより、その性質が異なることから悪玉コレステロールといわれたり善玉コレステロールと言われたりします。コレステロール自体は、私たち動物の身体を構成する細胞の成り立ちに欠かせない物質です。コレステロールというと、とかく悪者という印象を持たれがちがちですが、実は身体の維持にかかせないものでもあるのです。

【善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)はどう違うのか?】 善玉コレステロールを呼ばれるHDLコレステロールは、細胞のにある余分なコレステロールや血管壁に溜まったコレステロールを回収して血液に乗り肝臓へと戻す性質があります。HDLの割合が多ければ動脈硬化などのリスクが少なくなるのです。
反対に、悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールは、増えすぎると血管の壁に溜まり、ひいては動脈硬化の原因となります。そのため悪玉コレステロールと呼ばれるのです。

エゼチミブ(ゼチーアジェネリック) 錠: 効能・効果

高コレステロール血症,家族性高コレステロール血症,ホモ接合体性シトステロール血症

エゼチミブ(ゼチーアジェネリック) 錠: 用法・用量

1回10mgを1日1回食後経口服用するが年齢、症状により増量する。

エゼチミブ(ゼチーアジェネリック) 錠: 警告

本剤の成分に対しアレルギーをもっている患者へ使用をさけること。
相互作用は少ないが他の薬との飲み合わせが悪い物があるので医師と相談すること。
妊婦、または妊娠している可能性のある患者への投与は避けること。
高脂血症,家族性高コレステロール血症であることをよく検査してから投与すること。
投与中でもコレステロールを下げる食事療法を続けてください。
スタチン系のお薬を服用している場合には使用前に肝機能を検査してください。
筋肉への副作用はめったに起こりませんのでもし起こった場合にはすぐに医師へ相談してください。

エゼチミブ(ゼチーアジェネリック) 錠: 禁忌

ガラクトース不耐症、ラップラクターゼ欠乏症
肝疾患
肝機能検査

エゼチミブ(ゼチーアジェネリック) 錠: 慎重投与

10歳以下の子供への使用は推奨されていません。
重い肝臓病の人には投与しないでください。

エゼチミブ(ゼチーアジェネリック) 錠: 相互作用

コレステロールを下げるフィブラート系薬(フェノフィブラート、ゲムフィブロジル)と併用される場合には血流中のエゼチミブの量が増加する可能性があります。
免疫抑制剤シクロスポリンはエゼチミブに対する体への影響力が高まり、効果が強まる可能性があります。
シクロスポリンとの組み合わせが使用された場合にはシクロスポリンの血中濃度が高まる可能性があります。

エゼチミブ(ゼチーアジェネリック) 錠: 副作用

次のような副作用が見られる場合があり、重大な症状であれば医師に見てもらうこと。なお筋肉痛などがあらわれたら横紋筋融解症の可能性があるのですぐに受診してください。
胃の不快感、横紋筋融解症、吐き気、腹痛、下痢、頭痛、不眠、発疹、かゆみ

エゼチミブ(ゼチーアジェネリック) 錠: 高齢者への投与

高齢者は一般に生理機能が低下していますので、副作用などの出現などに特に注意を払って慎重に使用することが肝心です。

エゼチミブ(ゼチーアジェネリック) 錠: 妊婦・産婦・授乳婦等への投与

妊娠中、または妊娠している可能性がある場合は本剤の使用による有益性が危険性を上回ると判断可能な場合に限って使用すること。授乳中の本剤の使用は避ける。やむを得ず使用する場合は、授乳を止めること。

エゼチミブ(ゼチーアジェネリック) 錠: 小児等への投与

小児などへのエゼチミブ(ゼチーアジェネリック) 錠の使用についての安全性については確立されていません。

エゼチミブ(ゼチーアジェネリック) 錠: 取扱い上の注意

お子様の手の届かない場所に保管して下さい。

エゼチミブ(ゼチーアジェネリック) 錠: 保存等

室温保存