トップ >  痛風 :: アロプリノール (ザイロリック ジェネリック) 錠

アロプリノール (ザイロリック ジェネリック) 錠

アロプリノール (ザイロリック ジェネリック) 錠
同義語ザイロリック
有効成分アロプリノール Allopurinol
その他のブランド名アイデイト, アデノック, アノプロリン, アリスメット, アロシトール, アロチーム, アロック, アロプリノール, アロリン, アンジーフ, ケトブン, サロベール, ザイロリック, タカナルミン, ノイファン, プロデック, マサトン, ミニプラノール, ユーリック, リボール, ZYLORIC, CIPLORIC, ALLOPURINOL
製造元 GSK, Bristol
包装 10
形状
含有量 100mg, 300 mg

この商品を注文する

数量

他の写真はこちら

アロプリノール (ザイロリック ジェネリック) 錠: 基本情報

アロプリノールは血液中の尿酸値を減らす効果があり、主に痛風や高尿酸血症の治療に使われています。尿酸値を減らしますので尿路結石を合併している場合も有効です。アロプリノールはプリンから尿酸に変換する酵素の活性を阻害することによって尿酸の産生を防ぐことができます。アロプリノールの使用後2-3日いないに尿酸値が低下し始め、使用を止めると7-10日ほどで元の尿酸値のレベルに戻ります。適応症は、痛風関節炎や痛風結節、あるいは高尿酸血症です。1982年にFDAより承認済です。がんやがんの治療法の種類によっては尿酸値を上がることがありアロプリノールは時々これを防ぐために使用されます。

痛風は血中尿酸濃度が高くなる高尿酸血症状を原因として起こる病気です。主として関節痛などの症状が出ます。通常であれば、尿酸値は一定に保たれるのですが、尿酸の原料となるプリン体が異常に増えることで尿酸値が高くなります。ヒト以外の哺乳類では尿酸をアラントインに分解する酵素である尿酸オキシダーゼ(ウリカーゼ)を体内に持っているため、尿酸値が異常に高くなることがありませんが、ヒトにはその尿酸オキシダーゼ(ウリカーゼ)が備わってないため尿酸の排出がうまくいかなくなると高尿酸血症になってしまうのです。
高尿酸血症になり、尿酸が溜まり結晶化したものが足部などに溜まって関節痛みを引き起こします。尿酸は比重が重く、重力で体の下のほうに位置する足にたまりやすいのです。また、体温も上半身と比べて低いため結晶しやすいことも一因です。尿酸の結晶が溜まり、何かのきっかけで痛みを引き起こすようになると痛風の発症です。痛みが出るまでは、無自覚で高尿酸値に気がづかないことも多いです。痛みをひきおこすきかっけとなるものとして、激しいスポーツや、アルコール接種による脱水症状などがあります。痛風の痛みは激痛で、骨折の痛みを超えるとも言われます。足や膝の関節の痛みのほか、耳介などに痛風結節と呼ばれる皮下結節が出現することもあります。痛風の発作は1週間から10日ほどで次第に収まり、そのうち全く症状がなくなりますが、多くのケースでは1年以内にまた痛風発作が再発すし、こうした発作を繰り返すようになります。そうしているうちに、発作間隔がしだいに狭まり、関節の痛みのほか、体のあちこちの部分に結節ができたり腎臓が悪くなったり、尿路結石ができたりなどの症状が現れます。痛風は患者さんの90%以上が男性と言われています。アルコールを飲むことが多いことも男性に痛風の患者さんが多い理由のひとつです。痛風の原因は環境や食生活のほか、遺伝などの背景もあります。専門医のもとで正しい診断と治療を受けることが肝心です。

アロプリノール (ザイロリック ジェネリック) 錠: 組成

 〔細粒〕:20%
〔錠剤〕:1錠中50mg,100mg

アロプリノール (ザイロリック ジェネリック) 錠: 効能・効果

痛風,高尿酸血症を伴う高血圧症
アロプリノールは無症候性高尿酸血症の治療への使用は推奨されていません。

アロプリノール (ザイロリック ジェネリック) 錠: 用法・用量

用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。
通常1日量200~300mgを2~3回に分けて食後に経口服用する。この薬は無害ではありません。

アロプリノール (ザイロリック ジェネリック) 錠: 警告

本剤の成分に対しアレルギーをもっている患者へ使用をさけること
飲み合わせの悪い薬があるので医師と相談すること
妊婦、または妊娠している可能性のある患者への投与は避けること
服用後にめまい,傾眠等が起こることがあり、自動車の運転やその他危険を伴う作業を行う場合には注意させる
症状が悪化する恐れがあるのでアロプリノールは急性痛風に対しては使用しないでください。症状が治まってから投与を開始してください。
薬で治療している間にも十分な水分をとるように心がけてください。
初期投与の段階に尿酸の移動することにより一時的に痛風の症状が強まる可能性があります。

アロプリノール (ザイロリック ジェネリック) 錠: 禁忌

メルカプトプリン(6-MP)又はアザチオプリンを投与中の患者。

アロプリノール (ザイロリック ジェネリック) 錠: 慎重投与

以下の症状を持つ人は投与前に医師へ相談してください。
腎臓病、肝臓の病気、糖尿病、うっ血性心不全、高血圧、または化学療法

アロプリノール (ザイロリック ジェネリック) 錠: 相互作用

次のお薬は体からの代謝を阻害する可能性がありますので服用量を変更する必要があります。
メルカプトプリン(ロイケリン)、アザチオプリン、テオフィリン(テオドール)、ワルファリン(ワーファリン)、シクロスポリン、フェニトイン、ジダノシン
アロプリノールを服用中に抗生物質アモキシシリンやアンピシリンと併用することで皮膚の発疹の可能性が増えます。
アルコールは痛風を悪化させる可能性がありますので控えてください。

アロプリノール (ザイロリック ジェネリック) 錠: 副作用

飲みはじめに一時的に通風になる可能性がありますが次第に症状は消えていきます。 他にも次のような副作用が見られる場合があり、重大な症状であれば医師に見てもらうこと
発疹、じん麻疹、かゆみ、食欲不振、胃の不快感、軟便、下痢

痛風リスクは遺伝子と関連 痛風リスクは遺伝子と関連 世界中で何百万人が痛風により悩んでおり、 英国での痛風患者の増加は不健康な生活が理由だと考えられています。 しジャーナルネイチャージェネティクスに発表され 12000人以上の人々の遺伝子情報が解析され 遺伝子変異体は、リスクが発生する可能性があることを
コーヒー消費で痛風リスク低下 コーヒーを1日4杯以上飲むことで痛風発作リスクが低下するとカナダの研究者により 報告されました。ブリティッシュコロンビア大学のチームが痛風発作の原因とされる尿酸値がコーヒーを飲むことで下がることを発見しました。しかし茶には効果が見られなかったことより、カフェインが作用したのではないと考えられていま
痛風治療薬は心臓病からくる狭心症の痛みを予防できるのか 痛風に通常使用されている薬が狭心症をやわらげてくれるという報告がされました。 アロプリノールは他の狭心症の薬と比較して安価であり、 心臓のエネルギー需要を減らす作用があるとジャーナル誌ランセットが報告しました。 心臓の筋肉に血液が奪われ、酸素がなくったと時に狭心症による深刻な胸の痛みが起こ
チェリー摂取により痛風リスク低下 米国の研究者によると 2日間でチェリーを食べた痛風患者は、そうでない者に比べ痛風発作が起こるリスクが35%低いことが報告されました。 関節炎&リウマチの研究ではチェリーには抗炎症作用のあるアントシアニン、抗酸化物質が含まれていると報告されました。 英国の専門家によると痛風患者にチェリーが有効だ