トップ >  痛風 :: アロプリノール (ザイロリック ジェネリック) 錠

アロプリノール (ザイロリック ジェネリック) 錠

アロプリノール (ザイロリック ジェネリック) 錠
同義語ザイロリック
有効成分アロプリノール Allopurinol
その他のブランド名アイデイト, アデノック, アノプロリン, アリスメット, アロシトール, アロチーム, アロック, アロプリノール, アロリン, アンジーフ, ケトブン, サロベール, ザイロリック, タカナルミン, ノイファン, プロデック, マサトン, ミニプラノール, ユーリック, リボール, ZYLORIC, CIPLORIC, ALLOPURINOL
製造元 GSK, Bristol
包装 10
形状
含有量 100mg, 300 mg

この商品を注文する

数量

他の写真はこちら

アロプリノール (ザイロリック ジェネリック) 錠: 基本情報

アロプリノールは血液中の尿酸値を減らす効果があり、主に痛風や高尿酸血症の治療に使われています。尿酸値を減らしますので尿路結石を合併している場合も有効です。アロプリノールはプリンから尿酸に変換する酵素の活性を阻害することによって尿酸の産生を防ぐことができます。アロプリノールの使用後2-3日いないに尿酸値が低下し始め、使用を止めると7-10日ほどで元の尿酸値のレベルに戻ります。適応症は、痛風関節炎や痛風結節、あるいは高尿酸血症です。1982年にFDAより承認済です。がんやがんの治療法の種類によっては尿酸値を上がることがありアロプリノールは時々これを防ぐために使用されます。

アロプリノール (ザイロリック ジェネリック) 錠: 組成

 〔細粒〕:20%
〔錠剤〕:1錠中50mg,100mg

アロプリノール (ザイロリック ジェネリック) 錠: 効能・効果

痛風,高尿酸血症を伴う高血圧症
アロプリノールは無症候性高尿酸血症の治療への使用は推奨されていません。

アロプリノール (ザイロリック ジェネリック) 錠: 用法・用量

用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。
通常1日量200~300mgを2~3回に分けて食後に経口服用する。この薬は無害ではありません。

アロプリノール (ザイロリック ジェネリック) 錠: 警告

本剤の成分に対しアレルギーをもっている患者へ使用をさけること
飲み合わせの悪い薬があるので医師と相談すること
妊婦、または妊娠している可能性のある患者への投与は避けること
服用後にめまい,傾眠等が起こることがあり、自動車の運転やその他危険を伴う作業を行う場合には注意させる
症状が悪化する恐れがあるのでアロプリノールは急性痛風に対しては使用しないでください。症状が治まってから投与を開始してください。
薬で治療している間にも十分な水分をとるように心がけてください。
初期投与の段階に尿酸の移動することにより一時的に痛風の症状が強まる可能性があります。

アロプリノール (ザイロリック ジェネリック) 錠: 禁忌

メルカプトプリン(6-MP)又はアザチオプリンを投与中の患者。

アロプリノール (ザイロリック ジェネリック) 錠: 慎重投与

以下の症状を持つ人は投与前に医師へ相談してください。
腎臓病、肝臓の病気、糖尿病、うっ血性心不全、高血圧、または化学療法

アロプリノール (ザイロリック ジェネリック) 錠: 相互作用

次のお薬は体からの代謝を阻害する可能性がありますので服用量を変更する必要があります。
メルカプトプリン(ロイケリン)、アザチオプリン、テオフィリン(テオドール)、ワルファリン(ワーファリン)、シクロスポリン、フェニトイン、ジダノシン
アロプリノールを服用中に抗生物質アモキシシリンやアンピシリンと併用することで皮膚の発疹の可能性が増えます。
アルコールは痛風を悪化させる可能性がありますので控えてください。

アロプリノール (ザイロリック ジェネリック) 錠: 副作用

飲みはじめに一時的に通風になる可能性がありますが次第に症状は消えていきます。 他にも次のような副作用が見られる場合があり、重大な症状であれば医師に見てもらうこと
発疹、じん麻疹、かゆみ、食欲不振、胃の不快感、軟便、下痢