トップ >  高血圧 , 心臓 :: ロサルタン (ニューロタン ジェネリック) 錠

ロサルタン (ニューロタン ジェネリック) 錠

ロサルタン (ニューロタン ジェネリック) 錠
同義語ニューロタン
有効成分ロサルタン Losartan
その他のブランド名ニューロタン錠100mg, ニューロタン錠25mg, ニューロタン錠50mg, Covance
製造元 FDC, RPG Life Sciences, CADILA, Micro Carsyon, Ranbaxy
包装 10
形状
含有量 25 mg, 50 mg, 100 mg

非売品

この商品と類似のお薬

他の写真はこちら

ロサルタン (ニューロタン ジェネリック) 錠: 基本情報

ロサルタンは血圧を上げる原因となる物質「アンジオテンシンⅡ」の生成を抑え、これにより血管が広がり、水分や電解質が調整され結果として血圧が下がります。血圧を適度なレベルに保つことで、将来の病気を防ぐことにつながります。新しいタイプの降圧薬でARBと呼ばれ持続性があり、長期使用に向いています。

高血圧は、血圧が正常範囲を超えて高い状態が続くことです。誰しも、興奮したり運動するなどした際に一時的に血圧が上昇することはあります。しかし、正常であればその後は正常値範囲内に戻るのが普通です。しかしながら、高血圧の人の場合は平常時に血圧が正常範囲を超えている状態を維持しています。

なぜ高血圧が問題なのでしょうか。それは、高血圧が脳卒中、心疾患、腎不全などの重大な病気の発症リスクを高めるためです。

高血圧の原因はいくつかあります。ひとつは原因がわかっていない本態性高血圧です。もうひとつは、ホルモン異常などに起因する二次性高血圧です。

ロサルタン (ニューロタン ジェネリック) 錠: 効能・効果

(1)高血圧症
(2)高血圧及びタンパク尿を伴う2型糖尿病における糖尿病性腎症

ロサルタン (ニューロタン ジェネリック) 錠: 用法・用量

(1)高血圧症の場合:1日1回25~50mg経口投与するが症状、年齢により増減する。1日100mgまで増量できる。
(2)高血圧及びタンパク尿を伴う2型糖尿病における糖尿病性腎症の場合:1日1回50mg経口投与するが、血圧値をみながら1日100mgまで増量できる。過度の血液低下の可能性のある患者へは25mgから投与する。

他の高血圧薬や利尿薬といっしょに飲む場合が多いです。

ロサルタン (ニューロタン ジェネリック) 錠: 警告

薬が効きすぎて、めまいや立ちくらみが起こる場合があるので注意すること。
心臓,腎臓や肝臓の悪い人など持病のある人は医師と相談すること。
本剤の成分に対しアレルギーをもっている患者へ使用をさけること。
リファンピシンは、血中濃度及びロサルタンの影響を低減することができる。
投与中に肝臓の状態を把握するために肝機能検査を定期的に受けてください。

ロサルタン (ニューロタン ジェネリック) 錠: 禁忌

妊娠している人への投与は禁忌です。

ロサルタン (ニューロタン ジェネリック) 錠: 慎重投与

次の症状に該当する場合には慎重に投与をおこなって下さい。
腎動脈狭窄など虚血性腎臓病のある患者
高カリウム血症
重い腎臓病
肝臓病
脳卒中の既往歴
血液透析中または減塩療法中
手術前
75歳以上の高齢の患者

ロサルタン (ニューロタン ジェネリック) 錠: 相互作用

ロサルタンは血液中のカリウムの量を増加させますので次のお薬との併用を避けるようにしてください。
非ステロイド性抗炎症薬:インドメタシン、ジクロフェナク、イブプロフェン
カリウム保持性利尿薬:スピロノラクトン、トリアムテレン、アミロライド
カリウムサプリメント

ロサルタンはリチウムの血中濃度を増加させるので、もしロサルタンとリチウムを併用する場合には 次のような症状が出る場合があります。
食欲の損失を、下痢、嘔吐、視力障害、筋力の低下、、眠気、振戦、けいれん

非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)(インドメタシン、ジクロフェナク、イブプロフェンなど)はロサルタンの血圧低下効果にを弱め腎臓に対する副作用のリスクを高まる場合があります。

ロサルタン (ニューロタン ジェネリック) 錠: 副作用

重篤な血管浮腫の副作用も報告されています。
腎臓が悪い場合には腎機能が一時的に悪化する可能性があります。
次のような副作用が見られる場合があり、重大な症状であれば医師に見てもらうこと
心不全、心ブロック、高度な徐脈..息苦しい、胸が苦しい、動悸、疲れやすい、むくみ、脈が飛ぶ、脈が1分間50以下、めまい、気が遠くなる、失神。

女性の高血圧は男性より危険である可能性 高血圧は症状が出にくいことからサイレントキラーとしても知られていますが 新しい研究では女性の高血圧は男性より危険で、男性とは別の治療法を行うべきであるという報告がありました。 この研究はノースカロライナ州ウェイクフォレストバプテストの医療センターの科学者によって行われ、 Therapeutic
血圧が少し高いだけで脳卒中のリスク増大 米国では死因の4位である脳卒中は高血圧によりリスクが引き上げることは知られています。 高血圧のしきい値は140/90mmHgとされていますが 血圧がこの値より低くても脳卒中のリスクが上がるという新しい研究が報告されました。 広州、中国の南方医科大学のDrディングリ徐含む研究チームはジャーナルN
心臓病、脳卒中入院および死亡件数は10年間で低下 心臓病は米国では主要な死因のひとつとなっていますが新しい研究では心臓病と脳卒中の死亡と入院件数が10年間で下がったことが分かりました。 研究のためにHarlan Krumhol博士はは1999年から2011年にメディケアを受けた3400万人のデータを分析しました。データを使い病院に行って12ヶ月間